WEB広告の役割と種類

 WEB広告の役割と種類

顧客には2つの顧客層が考えられます。
 
1つ目の顧客層は、今、まさにサービス・商品を探している《顕在顧客》
2つ目の顧客層は、将来顧客になる可能性のある《潜在顧客》です。
 
チラシや新聞広告の場合で考えてみましょう。
 
例えば、[家族向けのサービスや商品]であれば、一人暮らしの多い都心部でなく、
ファミリー層が多いベットタウン中心に配布した方が、よりサービスや商品を訴求したい顧客にチラシが配布され、効果的な広告配布となるでしょう。
 
WEB広告も「広告」としての基本的な考え方は変わりません。
 
○ 1つ目の顧客層は、今、まさにサービス・商品を検索している《顕在顧客》
○ 2つ目の顧客層は、将来顧客になる可能性のある《潜在顧客》です。

下記の表は、目的や顧客層に応じたWEB広告の種類になります。
 

WEB広告をはじめる場合、まず対象とするターゲットを設定しましょう。

 

潜在ニーズ・潜在顧客に「認知させる」WEB広告

 
まだ自社のブランドやサービスが知られていない段階では、GoogleやYahooなどで検索エンジンで検索されることもないことから、まず「認知」させる広告が必要です。
 
認知させる広告には主に、「ディスプレイ広告」「ネイティブ広告」やFacebookなどの「SNS」広告などがあげられます。
 
手段としてDSP(デマンドサイドプラットフォーム)やSNS活用することで、リーチしたいターゲットの年齢・属性、興味・行動を絞り込み、視聴させたい対象に絞って広告表示することが可能となりました。
 
最近では認知させるWEB広告として、通常の静止画バナー広告よりもクリック率も高い動画広告が急速に普及しています。
 
 

顕在ニーズ・顕在顧客を「獲得する」WEB広告

  
商品やサービスがyahoo!やGoogleで検索される顕在顧客には、リスティング広告が最も有効です。
 
リスティング広告を運用するためには、より広告予算を効果的に運用することが重要です。
そのために必要なのは業界やキーワードのビックデータを活用し、事前シミュレーションを行い、定期的な検証が必要です。
 
 

幅の広がるディスプレイ広告  

 
近年のWEB広告では、yahoo!やGoogleの広告だけでなく、様々なアドネットワークが登場し、「認知」から「獲得」まで幅が広く利用できるディスプレイ広告が広がっています。
 
 2014年頃から動画が本格的に普及したことがきっかけとなり、2016年からは動画広告が急速に普及しています。
 

Smart Canvas ギャラリー

お客様情報
広告を選んでください 検索連動型広告 ディスプレイ広告 Youtube広告 SNS広告 その他
お名前
お名前(かな)
電子メール
会社名
会社名(かな)
電話番号
ご質問&問い合わせ
問い合せ スタッフ 募集 制作 動画 映像

WEB広告/動画広告をはじめる場合の基本的な考え方から、運用のご提案・運用代行を行います。
On-AdへのWEB広告のご相談は初回無料です。
お問い合せ、ご質問はこちらからお願いします。
ムービースタッフ 募集 動画 映像
info@on-ad.jp